[ビジネスソリューション]refocus情報誌 Vol.06

[まるごと特集]子どもの写真が未来をひらく。

  • ユーザーアンケートを見る
  • 店作りアイデア集を見る
  • ダウンロードを見る

ユーザーアンケート

子どもは写真ライフの大事な入口です。

[イメージ]子どもは写真ライフの大事な入口です。

[グラフ]カメラびとのタイプ

写真を楽しむユーザーの圧倒的多数 84%がファミリー層です。

ファミリー層は、写真を楽しむカメラびとたちの実に84%を占めています。写真やプリントの実需は、この層に支えられているといっても過言ではないでしょう。

さらにファミリー層に絞ってアンケート!

子どもの写真をどう撮って、どうプリントしている?

[グラフ]何を撮りますか?(複数回答)

このファミリー層の94.7%とほぼ全員が、子どもの姿や成長したシーンを撮っています。その他、何げない日常のシーン(37.9%)、風景・人物など同じ被写体のさまざまなシーン(28.4%) にも関心が高いことが分かります。

[グラフ]どこでプリントしますか?

撮った写真をどうやってプリントしているかを尋ねてみたところ、写真店でプリントを頼む人が36.5%、ホームプリンターでプリントする人が46.6%と、両方を使い分けているケースが多いことが推測されます。また、プリントをしない人が8.2%あり、デジカメで撮ったデータをパソコンに取り込んだままにしているケースも、少数ながらあることがわかります。

[まとめ]子どもは写真ライフの大事な入口。それだけでなく、写真店でプリントする潜在需要がいっぱい眠っていることにも、要注目です。

このページの先頭へ

店作りアイデア集

カメラびと座談会から飛び出したとっておきアイデア集

座談会のお話のなかに飛び出した、キラリと光る提案やアイデアをまとめてみました。

お気に入りを1冊のフォトブックに

[イメージ]世界でひとつだけのphoto book

[イメージ]お気に入りを1冊のフォトブックに今、写真ファンの間でブームの兆しを見せているのが自分のオリジナルの写真集、フォトブックです。ミヤモトさんは「大切な写真は、ネットのフォトブックサービスを使ってブックにしています。周囲でもとても好評ですよ」と力説すれば、emiさんも「子どもが2人になったので、それぞれのアルバムをどう作っていくかが悩み。膨大な量があるし。私も、気に入った写真を選んでフォトブックにするのがいちばんいい方法かなと思っています。フォトブックの提案を写真店でしてもらえるといいなと思いますね」とコメント。1人1人や家族一緒、夏のバカンスなどテーマごとにブックにすれば、リビングに置いて気軽に見ることができます。おじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントする提案をすれば、家族コミュニケーションに一役買えそうですね。

こんなフォトブックの活用も!古いアルバムのリメイクもおすすめ

[イメージ]なつかしい思い出がよみがえります

[イメージ]こんなフォトブックの活用も!古いアルバムのリメイクもおすすめミヤモトさんの最近の体験が、実家にあった古いアルバムをフォトブックにリメイクしたこと。「僕の子どもの頃の写真を両親が残しておいてくれたアルバムなんですが、かなり傷んでいたんです。そこで、表紙ともどもスキャンしてデジタルデータに変換し、フォトブックにリメイクしたのがこれです」父の日にお父さんにプレゼントしたらとても喜ばれたのだそう。団塊の世代など古いアルバムをお持ちのお客さまに、フォトブックへのリイクを提案してみてはいかがでしょう。フォトブックなら冊数もふやせて、お家の歴史を息子、娘の世代にプレゼントできるので、写真店様にとっては思いがけないヒット商品になるかもしれません。

お店づくり編

[イメージ]見やすいインデックスでネガ整理

見やすいインデックスでネガ整理

フィルムカメラ派のお客さまの悩みが、ネガの上手な整理術。emiさんは、ネガとインデックス一式をファイルのポケットに入れ、使ったカメラやフィルム、日時、場所をラベルに記入。ミヤモトさんは、大きめのインデックスで焼いてネガとセットで収納して、見やすく整理しています。この大きめのインデックスはQSSのベタ焼風プリントの機能を使えば簡単にできるので、お客さまに喜ばれるサービスになりそうですね。

[イメージ]色調のご希望を聞いてみる

色調のご希望を聞いてみる

今、写真を楽しむカメラびとの間で“色調の好みや希望を聞いてもらえる写真店”を願う声が高まっています。もちろん圧倒的多数のお客さまは自動補正をご希望でも、なかには色調補正や、ときには補正なしでフィルムの色の個性を生かしたいと思っているお客さまもいらっしゃるはず。まずはお客さまに一声かけてコミュニケーションをとってみましょう。

[イメージ]写真の“ 撮り方”をアドバイス

写真の“ 撮り方”をアドバイス

ミヤモトさんたちが企画や運営をしている写真店「monogram」では、プリントをさまざまに楽しむ雑貨や、写真を楽しく撮るヒントになる写真雑誌や写真集が置かれていて、お客さまが滞在しやすい雰囲気があふれています。お店の方でも、人気のある雑誌や写真集を置くだけでなく、子育て中の若いママが撮りたいと思うような写真をぜひ研究して、撮り方ミニ講座を開くなどアドバイザーになってあげてください。

[イメージ]“お友だちパック”で焼き増しサポート

“お友だちパック”で焼き増しサポート

子どもにお友だちができ行動半径が広がると、撮った写真を焼き増しする機会が増えるもの。これからクリスマス会やお正月…と写真を撮る機会が増えるとき。写真店にとっても大きなチャンスです。ママたちにお得感を感じてもらえる価格設定の“お友だちパック”で、焼き増し需要を喚起しましょう。写真のプレゼント用に可愛い袋やカードなどを提案しても喜ばれそうです。

まとめ 少し工夫するだけで、新しいお客さまがたくさん来店するかも!?お店もお客さまと一緒にもっと写真ライフを楽しんでいきましょう!

このページの先頭へ

ダウンロード

今回のPhotoMONO紹介
  • [イメージ]ましかくカレンダー

    キュートに飾る ましかくカレンダー

    詳しく見る

フォトクラフト

フォトクラフトを展開するにあたり、必ずはじめに「商材展開手順書」をお読みください。

温かくウェルカム クリスマスリース

リースの丸い輪は、しあわせを呼ぶ「永遠」と「円満」の象徴です。 そこにお気に入りのトイグッズを写真に撮って飾ったらアートっぽいインテリアに!

  • 商材展開手順書
  • お客様向けサービス紹介チラシ

[イメージ]クリスマスリース

サンタさんに願いをこめて クリスマスストッキング

イブの夜、ドキドキしながら枕元に吊った懐かしい「くつした」。写真をとめつけてピンナップ。そして、イブには窓辺に置いて。写真の裏側にサンタさんへの願いを書いても楽しめそう。写真を中に入れてプレゼントすることもできます。

  • 商材展開手順書
  • お客様向けサービス紹介チラシ

[イメージ]クリスマスストッキング

refocus Vol.6冊子

refocusの詳しい内容をお知りになりたい方は カタログをダウンロードしていただけます。

冊子のPDFをダウンロード

このページの先頭へ