(No.13)EZ Controller Ver.2.00をリリースしました。

EZ Controllerは、QSS-35PLUS/37シリーズで使用しているオペレーションソフトウェアです。
新機能

(1) Hot Folder(オプション)を使用する場合、EZ Controllerを起動したときに同時に、ホットフォルダも起動できるようになりました。



(2) 110AFC-II、135/240AMC-II、MFC(3つともHS-1800のオプション)を使用して、スキャニングした画像データをEZ Controllerで処理できるようになりました。
※上記機能に対応するには、スキャナーHS-1800のVer.2.00(近日リリース予定)以降も必要です。



(3) T15/LS連結ユニットを装備したスキャナー(LS-1100)で、スキャニングした画像データをEZ Controllerで処理できるようになりました。



※上記機能に対応するには、スキャナーLS-1100のVer.3.00以降が必要です。
(4) お手持ちのパソコンがEZ Controllerを使用するための動作環境を満たしているか、診断ツールを使って確認できるようになりました。



(5)「エディット」画面で画像の編集をするとき、前画像の補正値をそのまま次の画像でも有効にすることができるようになりました。



(6)「エディット」画面で画像の編集をするとき、次の画像を自動で画像挿入位置に挿入することができるようになりました。



新機能の詳しい説明につきましては、以下のリンクからPDFをご覧ください。
ezcontrollerver.2.00.pdf

EZ Controller