(No.20)QSS-32シリーズ、QSS-32PROシリーズ、S-900SA、S-1700SA Ver.9.00をリリースしました。

対応機種、対応バージョンは以下の通りです。
QSS-3201,3202,3203,3211,3212,3213 Ver. 9.00

QSS-3202PRO,3203PRO Ver. 9.00

S-900SA,S-1700SA Ver. 9.00

新機能

(1) 2コマ目以降の画像を1コマ拡大表示するときに、プリント確認のお知らせを表示しないように設定できるようになりました。

※S-900SAとS-1700SAはこの機能には対応していません。


(2) アルバムプリントで、画像はめ込み領域が1つのテンプレートを使用する場合、「ジャッジ画面」でプリント枚数を指定できるようになりました。

※S-900SAとS-1700SAはこの機能には対応していません。


(3) プリント枚数が最大9,999枚まで設定できるようになりました。
※S-900SAとS-1700SAはこの機能には対応していません。



(4) 本製品の各種設定データをフロッピーディスク以外のメディアにも保存できるようになりました。


(5) モニターのちらつきを抑制するため、「機能選択」画面に「リフレッシュレートの初期化(75Hz)をする」の項目を追加しました。


(6) ネットオーダーモードを使用して受け付けた画像に対して、自動補正を行えるよに設定できるようになりました。

※S-900SAとS-1700SAはこの機能には対応していません。



(7) オーダーコントローラーでも価格シートプリントを出力できるようになりました。

※S-900SAとS-1700SAはこの機能には対応していません。



(8) Rimage社製のCD/DVD書き込み装置を本製品に直接接続して使用するためのオプションソフトを対応しました。

※S-900SAとS-1700SAはこの機能には対応していません。


32ver9.pdf

QSS-32,旧情報