(No.30)EZ Controller Ver.2.40をリリースしました。

EZ Controllerは、QSS-35PLUS/37シリーズで使用しているオペレーションソフトウェアです。
新機能

(1) デジタルカメラのRAW画像データを読み込みできるようになりました。
※カメラの種類によっては、EZ Controllerで処理できないRAW画像データがあります。詳細は以下のリンクからリストをご覧ください。
RAW画像データリストへのリンク

(2) ペーパーサイズの小さい順、または大きい順にオーダーを処理する場合、ペーパーの交換作業を少なくするため、ペーパーの交換が必要ないオーダーが優先的に処理できるようになりました。



(3インデックスプリントの裏面に、「オーダーナンバー」、「オーダー受付日」、「プリントチャンネル番号」を印字できるようになりました。



(4) フォルム入力の場合に、ジャッジ画面でパスしたコマの画像データを一時的に保存するかどうか設定できるようになりました。



(5) DSA補正のコントラストを調整する機能「オートコントラスト2」が、メディア入力の場合でも使用できるようになりました。



(6) DSA補正のコントラスト調整において、メディア入力の場合でもシャドー部とハイライト部のコントラストを別々に調整できるようになりました。



(7) EZ Controllerのバージョンよって異なる画像の補正の効き具合を、切り替えることができるようにりました。



(8) 17インチモニターで縦横比を保ったまま全画面表示できるようになりました。



(9) EZ Controllerで受け付けたオーダーを、Noritsu EZLabを経由せずに直接LPS-24PROに送り、プリントできるようになりました。



(10) 登録されたオーダーごとの処理時間を計算し、オーダーごとの目安としての仕上がり時間と、登録されている全オーダーが仕上がるまでの待ち時間を表示できるようになりました。



(11) 「コントローラメイン画面」が全体停止状態のときにオーダーを登録しようとすると、全体停止状態であることがわかるようにお知らせを表示するようになりました。



(12) 処理済みオーダーにメモを入力することができるようになりました。

(13) 処理済みオーダーを検索する場合、「オーダーナンバー」に加え、「受付日」、「ペーパー名称」、「メモ」も検索の対象となりました。また、複数キーワードでの検索、絞り込み検索もできるようになりました。



(14) 処理済みオーダーから画像データを取り出すことができるようになりました。

(15) 「ジャッジ画面」の「FUNCTIONの機能」にある「カラー変換」において、カラー変換を、選択コマだけに適用するか、すべてのコマに適用するか選択できるようになりました。

(16) 16bitTIFF形式の画像と、HD-Photo形式の画像を読み込みできるようになりました。

(17) EZ Controller内のデータベースが正常に機能しないときに、修復するためのツールが追加になりました。

新機能の詳しい説明につきましては、以下のリンクからPDFをご覧ください。
ezcontrollerver.2.4.pdf
オートコントラスト2と、RAW画像とJPEG画像プリントの相違点に関しては、以下のリンクからPDFをご覧ください。
imagequality.2.4.pdf

EZ Controller